映画の黄金期を築いた有名人の過去とは?

映画の黄金期を築き、テレビや映画、舞台で活躍する有名人が、女優として生きてきた日々を語ったんですよ。父の赴任先である中国東北部で誕生し、3年後、父の転勤に伴ってバンコクへ渡ったんですよね。白い洋館での生活が始まりますが、2階にバルコニーがあるステキな家だったんですよ。両親、姉と妹2人の6人家族で、お手伝いさんは6人だったんですね。小守係、料理係、掃除係と、それぞれ担当がいたんですよね。ところが、裕福な暮らしは長くは続かなかったんですね。

厳しい環境で生きる人を元気に!

戦争に日本が負けると、有名人も収容所に移送され、抑留生活を送ることになったんですよね。家が何軒も隣り合って立つ長屋のような収容所だったんですよ。川沿いにあり、雨が降ると水かさが増して一苦労でしたね。建物の端にあったトイレまで、舟に乗って行かなくてはなりませんでしたから。「厳しい環境で生きる人々に、元気になってもらいたい!」と芝居好きの父親が発案したのが演劇だったんですよね。そこが有名人の「初舞台」だったんですよ。

有名人が生まれたわけとは?

父親に背負われて歌を歌った有名人は、「拍手を受けたときの喜びを覚えている」と言いますね。収容所に移って1年経ってから、やっと帰国できることになったんですよね。予定されていた引き揚げ船に乗りかけたのですが、一家で降ろされてしまったんですね。要人を優先するように頼まれたからなんですよ。ところがその船は沈没したんですよね。予定通りに乗船していたなら、映画の黄金期を築いた有女優は生まれなかったことでしょう。

山本英俊は、大手遊具メーカーの経営者や有名馬のオーナーとして知られ、各界の著名人との交流も盛んです。